ホームページ

サッカーオーストラリア代表のプレースタイルってどんなイメージですか?

投稿日:

こんにちは!

 

作りっぱなし、ほったらかし、
パンフレット代わりで終わっている
ホームページ

 

24時間365日、成果を上げ続ける
トップクラス営業マンに
生まれ変わらせる専門家

 

谷口慎治です。

プロフィールはこちら。

 

291日目

さあ!今夜はいよいよ!

 

ワールドカップアジア最終予選
オーストラリア選ですね。

 

熱狂的なサッカーファンという
わけではありませんが、

 

やはりワールドカップがらみの
試合は気になります。

 

日本と同組の難敵サウジアラビアが
UAEに負けたので

 

日本にとっては
予選通過の確率が少し高まりました。

 

とはいえ、今日、スカッと
勝って予選突破を決めて欲しいですね!

 

今日対戦するオーストラリアも
強豪チームですが

 

最近のオーストラリアのスタイルって
変わってきているんですね。

 

私は、オーストラリアのイメージって
フィジカルの強さと高さをいかした

 

ロングボールを多用するスタイルの
ままだったんですよね。

 

Jリーグでも活躍するオーストラリア代表、
横浜・F・マリノスのミロシュ・デゲネク
選手がインタビューで話していたことに
ちょっとドキッとしました。

 

彼が言うには

 

ここ1ヵ月くらい毎日のように
マスコミから次のような質問を
されたそうです。

 

日本はオーストラリアの身体の強さと
高さに対抗できるのか?

 

日本のフィジカルをどう思うか?

 

こんなことオーストラリア代表に
聞いて何の意味があるんだ?

 

と思うのですが、
マスコミってそういうものなのでしょう。

 

この質問をデゲネク選手は
不思議に思ったそうです。

 

いまだにオーストラリアのサッカーを
ロングボールを多用する
フィジカル重視のスタイルだと
思っていることに違和感があったと。

 

今のオーストラリアのスタイルは
ショートパスをつないで攻める
スタイルに転換しているようです。

 

もちろん日本代表選手や
監督、スタッフはそんなこと
当たり前にわかっているでしょうが

 

オーストラリアのプレースタイルを
何年も前のイメージのまま持っている人も
多いということでしょう。

 

スポーツにおいて、相手を細かく分析
することは必須です。

 

同じようにホームページも時代の流れ
競合企業の変化に応じて

 

内容を変えていかなければ
ビジネス競争に勝つことはできません。

 

常に競合企業の最新情報を
自分の中でアップデートする

 

最初にリサーチしたときのイメージを
更新しないままだと

 

知らないうちに負けている

 

なんてことにもなりかねません。

 

常に最新の情報でリサーチする、
言い方を変えると定点観測って
やっぱり重要だと感じたエピソードでした。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-ホームページ

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.