ホームページ

WordPress(ワードプレス)ってなんで無料なの?

投稿日:

こんにちは!

 

作りっぱなし、ほったらかし、
パンフレット代わりで終わっている
ホームページ

 

24時間365日、成果を上げ続ける
トップクラス営業マンに
生まれ変わらせる専門家

 

谷口慎治です。

プロフィールはこちら。

293日目

このブログもWordPress(ワードプレス)を
使っているのですが、

 

すでに世界中のWEBサイトの28%が
ワードプレスを利用しているみたいです。

 

国内のCMSのシェアは
80%近いという圧倒的なシェア。

 

※CMS=コンテンツ・マネジメント・システム

 

HTMLやCSSの知識があまりなくても
慣れれば簡単に使えてしまうワードプレス。

 

これだけのソフトが無料で使えるなんて
本当にありがたい存在です。

 

アメブロとかシーサーブログとか
無料で使えるブログサービスは
たくさんありますが

 

どのサービスも自分のブログに
広告が入りますよね。

 

無料ブログサービスは
たくさんの人に使ってもらうことで
広告収入が期待できるので

 

無料で使わせてもらえるんですね。

 

今更ですが、
なんでWordPress(ワードプレス)って
無料で使えるんだろう??と

 

ふと不思議に思ったので調べてみました。

 

ちなみにwordpressでもWordpress
でもなく、WordPressが正式です。

 

「W」と「P」が大文字です。

 

WordPress(ワードプレス)は無料ですが
自分のWEBサイトに広告は表示されません。

 

どうやって設けているんだろう?
どんなカラクリがあるんだろう?

 

めっちゃ興味を持って調べたのですが

 

答えは拍子抜けというか驚きでした。

 

なぜ無料なのか?

 

その答えは

 

ボランティアで開発されているから!

 

えーーー!!という感じですが。

 

儲けのカラクリはどこにも
ありませんでした。

 

世界中のWordPressコミュニティの
人たちによるボランティアで
開発されていたのです。

 

WordPressはもともと1人の
不満がもとで開発されました。

 

WordPressの開発者は
マット・マレンウェッグという人。

 

彼が19歳の頃、既存のブログサービスを
使ってブログを書いていたのですが

 

使い勝手の悪さにイライラしていました。

 

そして、ネット上にあるブログサービスの
いいとこどりをしたツールを
作れないかと自分のブログに書きました。

 

するとそのブログに返信があり
ワードプレスのもう一人の開発者である
マイク・リトルと出会うのです。

 

現在、世界一のブログサービスは
個人のブログから、2人の出会いによって
スタートしたのです。

 

普通なら、良いサービスを作れば
それを「売る」ことを考えると思うのですが

 

マット・マレンウェッグは
そうは考えなかったようです。

 

彼のビジョンは
情報発信の市場を創り出すこと
だったんですね。

 

オープンソースという形で
提供されたワードプレスは
瞬く間に世界中に広まりました。

 

普通は、どこの市場に参入すれば
儲かるかな?と考えると思うのですが

 

「市場を創り出す」ってすごい。

 

ワードプレスによって創り出された
市場で恩恵を受けている人は
たくさんいますからね。

 

自分自身の小さな「不」から
巨大なビジネスが生まれた例でした。

 

ところで、マット・マレンウェッグ自身は
どうやって稼いでいるのだろう?と
気になったのですが、それはまた今度。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-ホームページ

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.