オウンドメディア

オウンドメディアっていったい何?注目されている背景とは?

更新日:

オウンドメディアとは?

このところ目にすることの多くなったオウンドメディアですが、一体何なのでしょう?

オウンド=自分の
メディア=媒体

ということなので、自社(自分)が所有する媒体ということです。所有するというより、自社(自分)でコントロールできる媒体といったほうが正確でしょうか。

媒体とは、情報伝達の媒介手段となるもので、新聞・ラジオ・テレビなどが代表的なものです。

オウンドメディアというとホームページやブログ、メルマガなどWEB媒体をイメージするかもしれませんが、自社でコントロールできる情報伝達手段はすべてオウンドメディアと言えるでしょう。

例えば、会社の紹介をするパンフレットや小冊子、ニュースレターも自社の判断で情報を伝達できる手段ですからオウンドメディアです。

ただし、当サイトでは、オウンドメディアを「ビジネス上の成果をあげるためのWEB媒体」として話を進めていきます。

 

オウンドメディア隆盛の背景

オウンドメディアが注目されるようになったのは、2つの理由があると考えられます。

1.マス媒体離れ

以前と比べて、新聞折り込み広告や雑誌の紙面広告、テレビCMの効果が落ちてきたと感じる企業は多いのではないでしょうか。

実際に、博報堂DYメディアパートナーズの調査によると、ネットへの接触時間が増えている一方、テレビ、ラジオ、雑誌への接触時間が減っているのです。

これはスマホの爆発的普及によるものです。

これまでと比べてテレビ、ラジオ、雑誌への広告の効果が減少しているのは、それらへの接触時間自体が少なくなっているからです。

2.SNSの発達

ツイッターやフェイスブックなどのSNSは自社でコントロールすることのできない媒体です。

SNSで自社についてなされるコメントは内容が事実かどうかは関係なく拡散され、自社でコントロールすることはできません。

正しい情報を自ら発信する機会、媒体を持たなければならない時代になってきています。

オウンドメディア運営はマスト

この2つの理由により、オウンドメディアが注目されるようになっています。こらからの時代は、オウンドメディアがあったほうがベターというより、マストの時代になってくるのではないでしょうか。

今後もスマートデバイスの普及の流れが止まるとは考えにくいでしょう。

消費者のネットへの接触時間は今後も増加すると考えられますので、ビジネスで成果をあげるための手段としてオウンドメディア運営は必須になってくるのではないでしょうか。

 

次ページトリプルメディアとは?その活用法について



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-オウンドメディア

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.