未分類

日本はもうダメ!だからみんな平等に貧しくなろう!

更新日:

 

平等に貧しくなりたいですか?

 

東大名誉教授で社会学者の発言が
話題になっているようですね。

 

日本はご存知の通り
人口が減少しはじめた国です。

 

国は少子化対策ということで
出生率1.8を目標にしていますが

 

2015年の人口動態統計では1.46。
これでも2年ぶりに上昇して
1994年の1.50以来の高い水準だとか。

 

でも、単純に考えて
出生率が2.0より少なければ
人口は減っていくことになります。

 

実際にはアクシデントによる
減少があるため

 

人口維持のために必要な
出生率は2.07~2.08と言われています。

 

どう考えても人口減は避けられない国
ということです。

 

人口が減少するということは
当然ながら経済も縮小するということ。

 

経済を維持、向上するために
人口を増やそうと思うと

 

現実的には移民の受け入れしか
ないと思いますが

 

島国ニッポンには単一民族神話の
ようなものがあり

 

感情的には難しいかなと。

 

そこで、前述の社会学者の発言に
なるのですが

 

日本は人口減少と衰退を
受け入れるべきだと。

 

1億人を維持するとか
GDPを増大させるという妄想は捨てて

 

みんなが平等に貧しくなろうよと。

 

税の再分配機能を強化して
格差を縮小し、社会民主主義的な
方向に進もうよ、というご意見。

 

 

・・・

 

 

頑張っている人が報われない社会が
どういう結末を迎えるかということは

 

歴史的に証明されていると思うのですが・・・

 

みんな平等に貧しくなろうなんて
面白いこと考える前に

 

やらなければならないことがあります。

 

 

 

中小企業の社長さんのレベルアップです。

 

日本人の労働生産性って
世界の中で見たときに
どれくらいの水準か知ってます?

 

日本人って勤勉だし
生産性高いイメージあるじゃないですか?

 

ちなみに、労働生産性は

 

GDP÷就業者数

 

で計算されるのですが

 

2015年の労働生産性は
主要先進国35か国で形成する
OECD加盟国の中で

 

22位ですよ!

 

35か国中、22位!

 

なんと、あのギリシャより下!
経済危機が叫ばれて久しい
ギリシャより下なんですよ。

 

1位はアイルランドなんですが
日本はアイルランドの48%の
労働生産性しかありません。

 

日本人2人の働きと
アイルランド人1人の働きが
いっしょということ。

 

日本人ってぜんぜん仕事できていない。

 

仕事ができていないというより
多分、力を発揮できていないと思います。

 

就業者1人あたりの生産性が
低いということは

 

組織として力を発揮できていないのでは?
と思うのです。

 

日本人はとても勤勉で技術力もあるのに
生産性が低いということは

 

能力を活かしきれていないと
いうことではないでしょうか?

 

これって、経営者の責任のはず。

 

特に世の中の99.7%を占める
中小企業の経営者の責任。

 

マネジメントとは
人の能力を最大限発揮させること

 

とドラッカーも言っています。

 

多分、マネジメントができていないから
日本の生産性は低いんです。

 

経営者が頑張れば
みんなで平等に貧しくなろう

 

なんて考えることもなく

 

もっともっと日本は成長する
と思うのですが、いかがでしょう?

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-未分類

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.