未分類

イイものつくっていれば売れるんだよ!

更新日:

 

ブラックレーベル・クレストブリッジ、
なんで買う気にならないんだろ?

 

クレストブリッジチェックって言われてもねぇ・・・
という感じです。

 

それだけバーバリーという
名前が大きかったということでしょうか。

 

三陽商会が苦境のようです。

 

昨年、バーバリーとのライセンス契約が
切れて以降、急激に業績悪化。

 

平成28年12月期の決算短信をもとに
説明会が開かれたようですが

 

売上高はなんと30.6%減!
営業利益マイナス84億円!

 

説明会では今後のビジョンとして
メーカー、小売り、EC運営など
すべての機能を併せ持つ
総合ファッションカンパニーに進化する

 

というものでした。

 

三陽商会は1970年に
イギリスのバーバリーとライセンス契約を結び
一時は三陽商会の売上の半分を占めると
言われていました。

 

さらに日本独自の
「ブルーレーベル」「ブラックレーベル」の
普及版のブランドを立ち上げ急拡大しました。

 

結局、この普及版ブランドが
英本国のラグジュアリーブランド戦略と
相容れず、切られたわけです。

 

しかし、ライセンス契約の打ち切りは
5年以上前にわかっていたことのようです。

 

バーバーリーと三陽商会の
ライセンス契約は1999年に
締結されていますが

 

そのときは、2020年までの契約でした。

 

しかし2009年10月に
ライセンス契約を2015年までとする
ことに合意したと発表しています。

 

ライセンス打ち切りがわかって以降、
バーバーリー以外のブランドを
育てることができなかったということです。

 

後継ブランドとして投入した
クレストブリッジは
大幅に売上計画を下回っているようです。

 

マッキントッシュもいまひとつ。

 

今日の三陽商会の苦境は
バーバリーにおんぶにだっこの状態で
1社依存が強くリスク管理ができていなかった
と言ってしまえばそれまでですが

 

三陽商会はなぜブランドを
育成することができなかったのでしょうか?

 

説明会の中で三陽商会の社長が
「ものづくり」へのこだわりを
述べているのですが

 

この想いがブランド育成できなかった
理由だと思います。

 

高い品質のモノをつくるという意識は
もちろん大切なものですが

 

説明会で発表されたビジョンを見ても
「ものづくり」へのこだわりという
コメントを見ても

 

主語が「自社」なんですよね。

 

イイものつくれば売れる

 

という30~40年前の日本の状況が
今も続いていると思っているのでしょう。

 

消費者が何を求めているか?
これが先に来ない限り
どんなに歴史があり、有名企業でも

 

あっという間に退場させられる
そんな恐ろしい時代です。

 

主語を自社ではなく、顧客にする。
意識していないと難しいですね。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-未分類

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.