気付き

商売を守るために見なければならないものとは?

更新日:

 

106日目

 

ちょっと前に、大阪梅田で飲んでから
ホテルに帰ろうと思ったときに
歩くと30分くらいかかるので

 

タクシーで帰ろうと思ったんですよね。

 

夜中1時くらいだったでしょうか。

 

梅田って街中にもタクシー乗り場が
ちょこちょこあるじゃないですか。

 

そのタクシー乗り場が大変なことに!!

 

30人近く並んでいたんですよ。

 

タクシー1台も止まってないのに。
タクシー待ちの行列。

 

いやー、もう並ぶ気になれず
寒い中、歩いて帰りました。

 

数年後には多くのタクシー会社が
つぶれているかもしれないですね。

 

いや、乗りたいときに乗れなかったから
悪態ついているわけじゃないですよ。

 

あのタクシー待ちの行列を見たときに
思ったんです。

 

日本でもウーバー認めればいいのにって。

 

ちなみにウーバーとは

 

アメリカ合衆国の企業である
ウーバー・テクノロジーズが運営する、
自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリのこと。
世界70カ国・地域の450都市以上で
サービスを展開しています。

 

簡単に言うと、「白タク」なんですけどね。
素人が自分の車でお客を乗せて
料金をもらうのが「白タク」ですが

 

ウーバーは素人ドライバーとお客を
マッチングさせるビジネスを
やっているということです。

 

お客がアプリで配車を依頼すると
GPS情報をもとに
ウーバーが近くにいるドライバーを
探して配車するという仕組み。

 

料金は事前に行き先を登録しておいて
クレジットカードで払います。

 

だから、車内でのお金のやり取りはなし。

 

そんな知らない人の車に乗るなんて
という危険を感じる人もいるかもしれませんが

 

車の位置はGPSで把握され
ドライバーはウーバーのサイトに
顔写真入りで登録しています。

 

アメリカではじまったサービスですが
ヨーロッパでも爆発的に広がっています。

 

そのサービスが日本にも入ってきたのですが
日本はご存知の通り「白タク」行為は違法。

 

逮捕されてしまいます。

 

それに、こんなサービスが入ってきたら
タクシー業界は壊滅的打撃を受けます。

 

ウーバーが日本に参入して4年になるのですが
当初は国土交通省が猛反対していたみたいです。

 

だって、タクシー会社がなくなれば
国交省の官僚たちの天下り先が
なくなりますからね。

 

そりゃ反対するわけですよ。

 

でもですね、安倍首相がやっちゃいました。

 

「白タク解禁案」を提言したんです。

 

そこから流れは変わり、
規制緩和の方向に向かっています。

 

高齢者や外国人観光客にサービスする
過疎地では合法化され、

 

京都の京丹後市でウーバーのサービスが
提供されています。

 

もちろんタクシー業界は猛反発で
全国ハイヤー・タクシー連合会会長は

 

「白タク解禁や合法化の動きには
いかなる妥協も条件付き容認もない」

 

と言い切っています。

 

でも、パリでも同じことが起こっているんです。

 

ウーバーがヨーロッパに進出したときに
パリではタクシー運転手によるデモや
ストライキが起こりました。

 

しかしタクシー運転手がストライキを
している間にウーバーの人気が
うなぎ上りになるという皮肉な結果に。

 

ヨーロッパでもウーバーのサービスを
利用できる地域はどんどん増えています。

 

多分、日本でも同じことが起こりますよ。
数年先には。

 

タクシー業界、国交省は猛反対したけど
政府に押し切られちゃいましたから。

 

ここでタクシーがデモとかストライキを
起こしても、ヨーロッパと同じ結果になります。

 

だって、消費者の利便性のことを
何にも考えていないわけですから。

 

アメリカやヨーロッパで
ウーバーが爆発的に成長しているのは
ユーザーが便利だと思っているから。

 

視線が間違った方向を向いていると
売上が下がったどころの話ではなく
事業そのものがなくなってしまう

 

そんなリスクがある時代ということですね。

 

そして、そのリスクを事前にキャッチするには
特に日本では顧客だけを見るのではなく

 

政治の動きをウォッチしておかなければ
ならないということです。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-気付き

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.