仕事術

打ち手の数を増やすには

投稿日:

152日目

 

牛丼はどこ派ですか?

 

吉野家?松屋?すき屋?

 

私は学生のとき吉野家でバイトしていて
週に4~5回は吉野家の牛丼が晩御飯でした。

 

これだけ食べても、たまに食べたくなる
というのはなかなか中毒性のある味なのでしょうか。

 

私がバイトしていた頃は牛丼のみの販売で
朝に2種類の定食があるくらいの
単純なメニューでした。

 

今では数種類のメニューがありますが

 

それも、松屋やすき屋に追い上げられて
やむなくメニューのバリエーションを
増やしてきたという感じです。

 

商品開発のサイクルも競合他社に比べて長く
半年に1回くらい時間をかけて開発した
商品を投入するという流れでした。

 

「牛すき鍋膳」などですね。

 

一方の松屋は毎月どころか
毎週くらいの勢いで何かしらの
キャンペーンをやって業績好調です。

 

吉野家も、大型ヒット商品狙いから
新商品の投入サイクルを
劇的に短縮して約45日間隔で
新商品を投入する戦略に変更するみたいです。

 

個人も同じで、完璧を求めるあまり
いろいろ考えて手が止まる人と

 

50%の出来でもいいから
どんどん手を打つ人がいますが

 

どちらが成果を上げやすいかというと
当然後者です。

 

時間をかけて開発したからといって
それが売れるかどうかは
市場に出してみないとわかりません。

 

実際、吉野家も時間をかけて開発した商品が
思うように売れなくなったと感じているようです。

 

来店頻度を上げるためには
こまめな新商品の投入が有効と判断したのでしょう。

 

ホームランを狙うより
細かいヒットを狙っていくと
何がいいかというと

 

たくさん手を打てば当たりが出る
可能性は高くなります。

 

それ以上に、大量のPDCAを繰り返すことで
ヒットの確率を高めることが
できるようになると思うのです。

 

たくさん手を打つためには
アイディアを出すことが必要ですが

 

アイディアってふわりと現れて、
ふっと消えるもの。

 

アイディアを蓄積していくためには
思いついたらすぐにメモ!

 

誰もが言うことですが
実践できている人は少ないのではないでしょうか?

 

思いついたアイディアを書き留めておくと
そのときすぐには役に立たなくても

 

頭のデータベースには保存されていて
後で見返したときに

 

新たなアイディアと結びついて蘇ることがあります。

 

成果を上げるためには、
たくさんの手を打つことが必要。

 

そのためには日々の気付きを書き留める。

 

日報をうまく使うことで
アイディアのデータベースは
どんどん充実していきますよ。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-仕事術

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.