マーケティング

消耗品を売るモデル

更新日:

162日目

 

コンビニで「ホットレギュラー!」
といっていたのが

 

もうそろそろ冷凍ケースから
アイスコーヒー用の氷の入った
カップをレジに持っていくことも
増えてきました。

 

ネスレが新しく
ペットボトルアイスコーヒー用サーバーを
開発して販売をはじめまたみたいですね。

 

販売といっても、例のごとくサーバーは
無償貸与ですけどね。

 

ネスカフェアンバサダーでオフィス需要を
席巻したネスレは家庭用でも好調みたいです。

 

ネスカフェアンバサダーって
全国に22万人もいるんですね!

 

アンバサダー向けの1日の売上は
3,000万円近くあるとか!

 

ネスレモデルともいうべきこの手法は
もとはジレットモデルといわれる
髭剃りの刃の部分で儲けるモデルの
応用ですが

 

もう完全にジレットモデルを超えてます。

 

消耗品で儲けるジレットモデルは
プリンターのインクカートリッジも同じですが

 

インクカートリッジはリサイクル版という
安価な商品にシェアを奪われています。

 

しかし、ネスレの家庭向けモデルは
定期購入になっています。

 

ウォーターサーバーもそうですが

 

消耗品の部分を定期購入にしてしまえば
他に浮気されることもないですからね。

 

ネスカフェ ゴールドブレンド
アイスコーヒーサーバーは
無料で使用できるサービスです。

 

サーバーを申し込むと、サーバーと一緒に
ペットボトルのアイスコーヒー12本が
届けられます。

 

毎月1ケース以上のネスカフェボトルコーヒーの
購入が条件になっています。

 

利用は最低3回以上というのが条件。

 

毎月定期的にボトルコーヒーが届けられる
ことになり、ネスレはそこで利益を
上げているわけです。

 

しかも、ボトルコーヒーの価格が高いのかと
思いきや、量販店で購入する
安いボトルコーヒーと変わりません。

 

変わらないというか相当安いです。

 

1本あたり128円ですからね。

 

12本1ケースで1,536円。

 

平均継続回数がどのくらいになるのかは
わかりませんが

 

ジレットの替え刃やプリンタのインクのように
お客のほうから購買行動を起こさなければ
売上にならないのと違い

 

毎月、売上が確定するというのは強いですね。

 

ネスレは今回のアイスコーヒーサーバーの
開発にあたっては
登録アンバサダーからのニーズを
聞いて開発したとか。

 

味についてもアンバサダーからの
意見を取り入れて改良したみたいです。

 

ネスカフェアンバサダーは
SNSで言うところの
「インフルエンサー」的存在です。

 

自社商品の愛用者の組織を作ることができれば
その後の商品開発にも
大きなメリットがありそうですね。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-マーケティング

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.