マインドセット

日報を書き続けることで得られるもの

更新日:

166日目

 

ベイビーステップという
週刊少年マガジンに連載されている
漫画を知ってますか?

 

主人公の丸尾栄一郎は

 

小学生の頃から成績オールAで、
クラスメイト達からは「エーちゃん」と
呼ばれる几帳面で真面目な男子高校生。

 

とあるキッカケからテニスをはじめ
試合中にもゲームとゲームの合間に
ノートを取り出して

 

カリカリと自分がやってきたこと
相手の今日の調子、気付いたことなど
書きまくります。

 

そのノートを参考にどんな戦略を取るか
試合中にも考えるような男の子。

 

テニスは、全てのボールに追いつき、
それをコントロールできれば
理論的には負けない

 

というコーチの言葉を信条に、
持って生まれた動体視力と記憶力を武器に

 

試合中でもノートで試行錯誤する
独自のプレースタイルや、
生来の生真面目さと素直さによる努力・吸収力で、
驚異的なスピードで実力をつけていく

 

というお話です。

 

 

 

そんな漫画みたいな人が競泳界にもいました!

 

2016年のリオ大会まで4大会連続で
オリンピックに出場した元競泳選手の
松田丈志さんです。

 

彼は中学生のころから
「練習ノート」なるものを
毎日書いていたそうです。

 

何を書いていたかというと

 

目標、目標の修正、
できたこと、できなかったこと、
どんな練習をしたら、どんなタイムが出たか

 

など、練習内容な気付きなど
ありとあらゆることを現役引退するまで
毎日書いていたそうです。

 

水泳は0.1秒、0.01秒の差で
勝者と敗者が分かれるスポーツ。

 

水泳に限りませんが
結果を出すためには、
小さなこと、地道なことの
積み重ねが大切なんですね。

 

松田さんもコーチに言われて
書きはじめたそうです。

 

続けることができたのは
結果を出したかったという気持ちと

 

書いているうちに効果を実感できた
ことも大きかったと言っています。

 

目標は現実とかけ離れると、
達成への道筋がイメージできないし
エネルギーもわいてこない。

 

エネルギーがわくような目標を
設定するためには

 

自分自身を客観視することが大切。

 

そのためには練習ノートに
書きまくることが必要だったそうです。

 

書いていくことで
自分がどんなメニューをこなして
何秒で泳いだとか

 

この練習をしたらいいタイムが出たとか
書くことによって強く
記憶に残るというメリットもありますが

 

一番の大きなメリットは
書き続けたノートの冊数は
すなわち自分の歴史です。

 

読み返すことで
「こんなにやってきた!」
という自信になります。

 

松田選手は試合前に練習ノートを
よく読み返していたようです。

 

自分がやってきたことを記録に残すことの
メリットは「自分に対する自信」の源に
なるということです。

 

日報を毎日書くことで、
時間の使い方がうまくなったり

 

アンテナが立って、気付きが多くなったり
行動量が増えたりしますが

 

それ以上に大きな価値が
「自分への自信」になって
返ってくるということです。

 

自分のために、日報を書く。
ぜひおすすめします。

 



**************************************************************
あなたの会社の素晴らしい商品・サービスを、より多くの人に届けるために。

ホームページ作りを通して、そのお手伝いをさせていただきたいと願っています。


お問い合わせはこちらから


**************************************************************

【PV30倍計画】 私が運営しているホームページの ひとつを半年後にPVを約30倍にする チャレンジをしてみようかと。 2017年6月の月間PV数は15,660PV。 これを半年で月間50万PVにしたいなと。 このための取り組み、考え方、推移など メルマガでお伝えしています。

■メルマガ登録はこちら

小さな会社の経営者の方に、インターネットで集客するヒントをお伝えするメールマガジンです。何十万円もかけてホームページを作ったけど、パンフレット代わりで終わっている気がする・・・。もっとホームページから集客できるようにしたい!でも、パソコンの知識が乏しいのでどうしたらよいかわからない。そんな経営者の方に読んでいただきたい内容です。


*メールアドレス
*お名前(姓)



-マインドセット

Copyright© ホームページを作成したい(岡山)|成果があがるホームページにするには? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.